Salta al contenuto principale
Inglese
Giapponese

MacBook Pro 15" Touch Bar Late 2016 スクリーンの交換

Prerequisiti Guida

Tutte le guide prerequisite devono essere tradotte prima che questa traduzione sia considerata completa.

自動起動設定の無効化

MacBook Pro 15" Touch Bar Late 2016下部ケースの交換

MacBook Pro 15" Touch Bar Late 2016 バッテリーの接続方法

Informazioni Guida

= Fatto = Incompleto

      Descrivi la parte specifica o il componente di questo device sul quale stai lavorando. Es: Batteria

      Crea un titolo.

      Questo breve riepilogo verrà visualizzato solo nei risultati di ricerca.

      Comunica informazioni di base prima che il lettore si immerga nella guida.

      Passi Guida

      Passo 1

      T3トルクスドライバーを使って、ディスプレイボードのフレックスケーブル上のカバーを固定している3.5mmネジを2本外します。

      Passo 2

      T3トルクスドライバーを使って、ディスプレイボードケーブルのコネクタ用のブラケットを固定している2本の1.7 mmネジを外します。

      Passo 3

      スパッジャーを使って、ディスプレイボード用のフレックスケーブルの接続を外します。

      Passo 4

      T3ドライバーを使って、各ヒンジカバーを固定している2.0mmネジを2本ずつ(合計4本)外します。

      Passo 5

      両方のヒンジカバーを外します。

      Passo 6

      T5トルクスドライバーを使って、アンテナケーブルバンドルを固定している2.9 mmネジを1本外します。

      Passo 7

      3つ全てのアンテナケーブルをソケットからまっすぐ引き抜いて、接続を外します。

      Passo 8

      T5ドライバーを使って、ディスプレイボードを固定している3.3mmネジを4本外します。

      Passo 9

      P2ペンタローブドライバーを使って、アンテナアセンブリを固定している1.5 mmを16本外します。

      Passo 10

      開口ピックを使って、MacBook Proからアンテナアセンブリをこじ開けて、接続を外します。

      Passo 11

      アンテナアセンブリを慎重に取り外し、同時にヒートシンクの下からアンテナケーブルの束を外します。

      Passo 12

      T3トルクスドライバーを使って、ディスプレイケーブルカバーのネジを固定している3.9 mmネジを4本外します。

      Passo 13

      T8トルクスドライバーを使って、各ヒンジから4.9 mmネジを2本ずつ(合計4本)外します。

      Passo 14

      再組み立ての際は、最初にヒンジねじを締めずに取り付けます。 それから、スクリーンが正しく中央に配置され、両サイドがきちんと揃うまで位置を調整します。 最後に、ネジを締めます。

      Passo 15

      スクリーンを再利用する場合、スクリーンを開いて、各ヒンジの上のスクリーンに直接テープを貼ってください。この作業により次の手順を行う際に、スクリーンにスクラッチが入らないよう防ぐことができます。

      Passo 16

      T8トルクスドライバーを使って、4.9 mmヒンジ用ネジ(各ヒンジから1本ずつ)を計2本外します。

      Passo 17

      MacBook Proのスクリーンとメイン本体をしっかりと持ちます。作業中、どちらかが予期せず倒れないようにご注意ください。

      Passo 18

      スクリーンが外れます。

      I tuoi contributi sono usati su licenza in base alla licenza open source Creative Commons.